上海の黄浦区に位置する豫園地帯は、元、明、清の時代から民国初年にまでの700年来、ずっと上海の政治、経済、文化の中心となっていて、「上海の根」とも呼ばれ、上海特有の人文標識と文化のネームカードであった。

 
黄金珠宝業 百貨業 食品 文化の伝播
飲食業 日用雑貨 不動産 輸出入貿易
薬業 工芸品 不動産管理 電子商取引
 
テーマ文化園 歴史の観光地 ショッピング

豫園地帯は、庭園や、お寺、市場を網羅しており、商業、観光、文化を一体としており、その特別な形態は上海唯一のもので、極めて強い民族性と世界性を持っていて、上海の重要な観光名勝、ショッピング中心地、及び上海を代表するシンボルとなっている。

豫園の新春民俗灯篭会
春節は中華民族の最も盛大な祭りで、民間の正月十五の灯篭見はわが国で悠々たる歴史を持っており、古い市街と城門に接した大通り近くは、昔から飾り灯籠見の伝統を保っている。天の時、地の利、人の和を借りて、豫園灯篭会はすでに14回も行われている ...

 
 

上海老飯店

緑波廊酒楼

南翔饅頭店

松運楼酒家
 

上海老饭店

亚一金店

华宝楼
豫園商城産業とブランドとのリンク
(C)2004 上海豫園観光商城株式有限公司 著作権所有
委任のない限り任意形式よる本ウェブサイト内容の使用は堅くお断りいたします。
Designed by www.idea-source.net